2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:-- |  スポンサー広告 | 
【スレまとめ】『風俗行ったら人生変わった』というスレまとめが面白かったので紹介
2011.11.03 (Thu)
ちゃちゃちゃ、ちゃうわ、エロなんか全然まったく期待してなかったわ!

風俗行ったら人生変わった
風俗行ったら人生変わった 2
風俗行ったら人生変わった 3
風俗行ったら人生変わった 完結

男女問わず、読んでみると面白いと思う。
え、お前も風俗行けば、少しは人生変わるんじゃねーかって?
金も度胸もねーよwww
記事編集21:35 |  Poor writing(駄文) |  トラックバック:0 |  コメント:1 |  Top↑
【アニメ感想】『機動戦士ガンダムAGE』の3話が1~2話より飛躍的にマシになったと思ったら、脚本が日野氏じゃなくて笑ったw
2011.10.23 (Sun)
日野さんのビッグマウスぶりが話題のアニメ、『機動戦士ガンダムAGE』の第3話をさっき観ました。
(何だかんだ言って、昨日感想を挙げたアニメはほとんど録画を残しています。)

で、俺個人の率直な感想としては、

・泣かせに来るだろうという概ね予想通りの展開だったが、まぁ酷く叩く程でもない。
・「物語の動く3話」って事前の触れ込みだったけど、何でそこを自分で担当しないんだよ日野さんw
・しかし、1~2話の脚本が稚拙すぎて、相対的に3話の脚本が良く感じたのかもしれない。
・あと、さっさとヒロインをユリンに絞って、エミリーは無かったことにした方が良い。既に空気だけど。


ざっくりだけど、こんな感じです。
ネット上の反応を見ると、3話もガンダムファンのお気には召さなかったようですが、俺は「え、そんなに罵詈雑言を浴びせるほど?」という気持ちです。
まぁ、日野さんは「口は災いの元」を地で行っているような方なので、擁護する気もありませんが。

ちなみに、3話の脚本を担当されたのは兵頭一歩さんという方で、近年では『WORKING!!』1期の脚本(一部)なども担当されていたようです。
今後もきちんとした脚本家の人に担当してもらえば悪くない作品にはなると思うので、エンディングの「脚本」に日野さんが出てこないことを祈りつつ、今後も視聴を続けたいと思います。
記事編集19:36 |  Anime(アニメ雑記) |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
【アニメ感想】2011年秋期アニメ1~3話視聴雑感
2011.10.22 (Sat)
今回は、一定範囲の評価順にまとめて、各アニメに短くコメントする形にしてみた。
本当は1つ1つのアニメに対して、どこが良くてどこがダメかを細かく書きたいのだが、時間が無いので割愛。

◆アニメ化の意味を感じる個人的お薦め◆
Fate/Zero(月曜深夜/tvk)
WORKING’!!(月曜深夜/ニコニコ動画)
ちはやふる(水曜深夜/日テレ)
ギルティクラウン(金曜深夜/フジテレビ)
ペルソナ4アニメーション(土曜深夜/TBS)


■Fate/Zero
作画・シリーズ構成・演出・音楽など、全面的に今期最高レベル。
初見者にも配慮して、違和感を感じさせない程度で聖杯戦争のルールや人間関係の説明を丁寧にしている点に、非常に好感が持てる。言葉で説明すべき部分(例えば、聖杯戦争のおおまかなルール)と、動きや演出で見せるべき部分(例えば、サーヴァントやマスターの性格や人柄)との表現を、適切に使い分けているという印象を受けた。
まぁ、それが本当に初見者の人に理解してもらえているかは、また別の話であるが。
確か分割2クールと聞いたのでファンの熱が冷める危惧はあるものの、個人的には安心して視聴しようと思う。
■WORKING’!!
ネタをきちんと楽しむには1期の視聴が前提となるが、初めて観た人にも分かりやすいコメディアニメ。何気にラブコメとしても優秀。
監督が代わることについては多少の心配があったものの、2話まで観て大丈夫だと確信した。
ちなみに、1期はDVDしか発売されていなかったが、今年の8月にBlu-ray BOXとして再撮影版が発売された。画質が格段に向上しているので、これから1期を見ようと思う方には後者をお薦めしたい。
■ちはやふる
原作が少女漫画だということもあって、放映開始前は全くのノーマークだった作品。
3話で見事に泣かされました、はい。
競技かるたを通しての人間関係を描いた作品であるが、各キャラクターが個性的な所にも特色がある。原作が少女漫画であるが故か、昨今の「安易な美少女主人公」ではない所が一番良い点だと思う。
物事の理由をきちんと捉えて、ハッキリとものを言う女性って良いよね。
■ギルティクラウン
2話まで視聴したが、今期一番レベルが高いと言っても過言ではない作画クォリティを、色気方面に無駄遣いしすぎだと思うw
ヒップラインの綺麗な女性は好きです!!
設定は中二病全開であるが、戦闘シーンの迫力と飽きさせない展開で、俺は全く気にならない。むしろ大好物である。
ついでに言うと音楽(歌やBGM)も非常に完成度が高いため、後半で失速がなければBlu-rayの購入を考えている作品。
■ペルソナ4アニメーション

徹底的に「ゲームのアニメ化」を意識した作品。
音楽やゲーム風のカットインなどは特に分かり易いが、自分はイゴールの声へゲーム音源を当てた点に強いこだわりを感じた。(※原作ゲームでイゴールを演じていた声優の田の中 勇さんは、2010年に逝去された。)
と言っても、P4は実は未プレイなので、どれだけゲームに沿ってアニメ化されたのかを本当に実感できるのはPSV版発売後になるだろう。

◆今後の展開に期待できる作品◆
境界線上のホライゾン(月曜深夜/tvk)
未来日記(火曜深夜/tvk)
侵略!?イカ娘(火曜深夜/tvk)
LAST EXILE 銀翼のファム(土曜深夜/TBS)


■境界線上のホライゾン
何か知らないけど沢山のキャラクターが出てきて、何かよく分からないけど歴史の繰り返しをしているらしい設定の作品。
原作未読で、アニメしか観ていないとそんな認識である。
原作を活かしてアニメ向けにしたって感じのキャラデザが良いなぁと思うのだが、キャラが多すぎてまだ主人公ぐらいしか名前覚えてないや。
あと、爆乳キャラと貧乳キャラの中間キャラが少ない気がするのは少し残念である。おっぱいおっぱい。
■未来日記
学校一の美少女が自分のストーカーで怖いけど、その娘に頼らないと自分の未来はデッドエンドというお話。
基本的にヤンデレというのは大の苦手な俺だが、ヒロインの由乃は割と好き。恐らく、「自分の思い通りにならなければ殺す」というありがちなヤンデレではなく、「自分が死んでも好きな人を守る」というタイプのヤンデレであることに起因すると思う。病んでることには変わりないが、犠牲をどこに置くかの違いは大きい。
つまり、雪輝(主人公)至上主義の性格と行動原理が分かり易いキャラクターの魅力となっている。現実にいたら相当に怖いがな!
そういえば、漫画原作描いている人って『花子と寓話のテラー』を描いていた人だよね?あの作品は地味に好きだったんだけど、最近、完全版が出たらしいので『未来日記』と一緒に買ってみようかね。
■侵略!?イカ娘
安定した「オチの無さ」と「イカ娘ちゃん可愛い」が魅力のギャグアニメ。
ギャグアニメの筈なのに、たまにちゃんと話にオチがあるとビックリするという。
キャラデザが1期のときよりも可愛くなっているような感じがしたが、完全に「イカ娘ちゃん可愛い」の方向性に吹っ切れたということだろうか。
アニメで満足してしまって、原作まで手が出ないというタイプの作品でもある。『日常』もそんな感じだったっけ。
■LAST EXILE 銀翼のファム
キャラの台詞と動きで世界観をきちんと見せている作品。
1話を観て、初めて続き物の作品であったことを知った。そういえば随分と前に、村田蓮爾氏のキャラデザ見たことあったような気がする。
女の子の可愛さという視点だと今期の中では目立たない作品だが、それを補う演出の勢いがある。

◆何らかの理由で魅力を引き出しきれていない作品◆
C3 -シーキューブ-(日曜深夜/tvk)
真剣で私に恋しなさい!!(日曜深夜/tvk)
ましろ色シンフォニー(日曜深夜/tvk)
機動戦士ガンダムAGE(日曜夕方/TBS)
ベン・トー(月曜深夜/tvk)
UN-GO(金曜深夜/フジテレビ)
僕は友達が少ない(金曜深夜/TBS)


■C3 -シーキューブ-
原作が表紙からパンツ丸出しも珍しくないライトノベル作品なので仕方ないが、お色気に走るなら走るで、もっと頑張って欲しい作品。
根本的にアニメのキャラデザがエロ向きではないため、「中途半端なツンデレ娘やメガネっ娘が出ているだけのラブコメと見せかけた猟奇作品」になってしまった。
さそりがため氏が描かれた原作イラストは好きなんだが、どうせならそういう可愛い方向で描いて欲しかったかな。
後、色彩構成が『バカとテストと召喚獣』に似ていると思ったら、監督が大沼心さんだった。
『バカテス』2期が凄く面白かったのは、原作のはっちゃけっぷりに監督が合ったからだと思うので、シーキューブの方ももうちょっとはじけてしまった方が良いのではないだろうか。どうせ原作を買う層(多分、中高生)はBD&DVDを買えないし、エロ大好きな馬鹿(俺を含む)に媚びてしまった方が良い。
■真剣で私に恋しなさい!!
エロゲ原作らしくバカな掛け合いとエロ方面に力が入っているが、ケンカ馬鹿のメインヒロインが全てを台無しにしてしまっている作品。
好きな人には申し訳ないのだが、あのヒロインがいることによって、主人公を好きな他のヒロインが本当に滑稽で可哀想な感じになってしまっている。
新作のジャケットとかにも出てくるみたいだけど、あのヒロインって人気あるんだろうか・・・。
■ましろ色シンフォニー
頑張っているように見えて相対的に見劣りする作画レベルのため、ヒロインが可愛く見えないエロゲ原作アニメ。
あ、ちなみに原作は、PSP版がAmazonで4割引きぐらいの時に新品で買いました。まだやってないけど。
話の内容も当たり障りの無いギャルゲ設定であるため、「ハンコ絵だが、原作絵の方が好きだなぁ。というか、原作絵でやれ」という感想に帰着する。
あと、あの猫みたいな謎生物の押しがウザいらしい。確かに、美少女アニメを観る人にとっては、エロの恩恵をもたらさないマスコットなど無用の長物だと思う。
『真剣恋』もそうだけど、エロゲはエロありのOVA化じゃダメなん?
■機動戦士ガンダムAGE
書くシナリオが酷いことで有名な日野氏が手がけた、設定の甘さにツッコミを入れながら観るアニメ。
ガンダムオタクでは無い自分でも色々とツッコミたくなる仕様だが、疲れるのでやめておく。
でも、「私がいないとダメなんだからという態度が目に付く口先だけのヒロイン」は止めてくれ。邪魔でしかない。
■ベン・トー
バカ一直線の設定で意外と楽しめるが、お色気に向かないキャラデザでエロを演出しようとする惜しい作品。
俺に黒タイツ萌えの属性が無いとか、そういう話ではない。
おっぱいを揺らしたり、スカートの中を見せるなら、本気でやれと言っているのだ。
これもシーキューブと同様、「原作絵が良いのに、アニメのキャラデザで損をしている作品」に分類されるだろう。
でも、何だかんだ言って観るよ!
■UN-GO
推理ものに定番の「ミスリード」が拙すぎて(理由付けが浅すぎて)、もはやギャグとなっている探偵アニメ。
分かる人なら分かるネタ(例えば、「物売るってレベルじゃねぇぞ!」というモブの台詞)が仕込まれ、一体どの層を狙っているのか分からない。
肝心の事件を解き明かす要素についても、1話完結では事件背景と伏線の説明がどうしても単純になってしまい、ただただ退屈なものとなってしまっている。
見せ方も甘い。2話の解決シーンで歌い出す所なんか、逆に斬新だわ。
■僕は友達が少ない
キャラクターの可愛さ以外は、あらゆる面においてコミカライズに負けるアニメ化作品。
『電波女と青春男』然り、ブリキ絵作品は、どうしてもアニメになると劣化に見えちゃうのが辛い所だと思う。
「残念な男女が残念なラブコメを繰り広げる」という作品なのだが、どうにもアニメの方は「汚く表現すること」に躊躇があると見える。
元々原作が酷いので、「穿いてなさそうに見える尻肉」とか「見えそうで見せない裸」ではなく、もっと露骨にやりゃ良いのに。コメディアニメとして既に成り立ってないんだから。

◆何でアニメ化(アニメ作品)にしたの?◆
灼眼のシャナⅢ Final(日曜深夜/tvk)
HUNTER×HUNTER(日曜早朝/TBS)
君と僕。(火曜深夜/テレビ東京)
たまゆら~hitotose~(水曜深夜/tvk)
マケン姫っ!(木曜深夜/tvk)


■灼眼のシャナⅢ Final
1期と2期を観ていても置いてけぼりらしい、元人気作品のアニメ完結編。
自分は1期と2期を観ていないが、それでも作品の魅力を測ることはできると考えているので軽く感想を書くことにした。
結論だけ言ってしまうと、今回のシリーズはバトルが最大の魅力のような設定と構成なのに、全く迫力がない。
原作を知っている人向けの、あくまでシリーズを完結させるためだけのアニメ化といった印象を受けた。原作が好きな人には厳しい物言いだと思うが、あくまでこれが自分の率直な感想である。
■HUNTER×HUNTER
今や原作からして少年向けではない少年ジャンプ掲載作品なのに、下手に子ども向けにしようとして大失敗した作品。
全体的に酷いと思うけど、子ども向けコンテストで流されるようなBGMが一番無いわ。
■君と僕。
今期の中で面白いと感じる部分がもっともない作品、その①。
女性が『けいおん!』や『ゆるゆり』を観た感じなんじゃないかという声をネット上で聞くが、俺は断じて違うと思う。
コメディやギャグ要素として楽しめる部分が皆無で、まるで「リア充の日常会話の垂れ流し」のような作風を、一体どう楽しめば良いというのか。
女性キャラクターが出ないのは別にかまわないけど、楽しめるところが無ければ観る必要もない。
アニメ化したってことは需要があるんだろうけど、女性向けの日常系作品ってこんななの?
■たまゆら~hitotose~
今期の中で面白いと感じる部分がもっとも無い作品、その②。
1話を観て、「ヒーリング系」という雰囲気で中身が無いのを誤魔化しているように感じてしまった。
俺が汚れているだけなのか?
語尾に特徴があるだけとか、すぐ泣く性格とか、感情移入や共感をできるキャラクターがいないのが致命的。
カメラを改めて始めるに至った経緯も台詞による長々とした説明で、ドラマCDで十分じゃないかとすら思わせる。
■マケン姫っ!
下心丸出しなのに特殊能力持ちでひたすらモテる主人公と、理不尽な暴力を振るう女性陣が繰り広げる、B級ラブコメ。
自分の不注意で風呂から出てきているのに、何で男を殴るのか理解に苦しむ。フェミニズムではなく、根底に合理的な理由のない理不尽な暴力は、ただ観ていて不快。
それと、狙いすぎていて下劣なだけのエロ要素。キャラクターも別に魅力のある人がいないにもかかわらず、3話にして温泉によるテコ入れと、ある意味では潔さを感じる。
この雰囲気は『R-15』に通じる何かがある。だから、今後も全く期待していないです、はい。

その他。
夏から継続の『アイドルマスター』、『輪るピングドラム』はまだ録画分観てないや。
というか、何でアイマスとギルクラの放映時間がもろ被りなんだよ・・・(※ギルクラ第1話は「フジオンデマンド」で観て、アニマスの録画を優先した)。
ギルクラBDを全巻買うって選択もあるけど、オリジナルアニメは今後の展開次第という部分が大きいし、全巻2話収録っぽいのが負担デカいよなぁ。どうしよ。
記事編集16:39 |  Anime(アニメ雑記) |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
【ゲーム】PSVitaの予約は店頭なら余裕でした
2011.10.15 (Sat)
やっぱり、ネット(ゲハ等の2ch含む。)の前評判なんて当てにならないという話。

【続きを読む?】

記事編集12:35 |  Game(ゲーム雑記) |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
【ゲームPV】PSVita『テイルズ オブ イノセンス R』、PSP『GOD EATER2(ゴッドイーター2)』のPVが公開
2011.09.15 (Thu)
You Tubeに上がっていたので紹介。

【続きを読む?】

記事編集14:35 |  Game(ゲーム雑記) |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
【ゲーム雑記】俺がPSPを買ってからもう5年か
2011.09.13 (Tue)
PSPに対する個人的な話と、今週の各ゲームカンファレンスに対しての雑感。

【続きを読む?】

記事編集19:18 |  Game(ゲーム雑記) |  トラックバック:0 |  コメント:1 |  Top↑
【ゲーム雑記】『テイルズ オブ エクシリア』のネタバレする奴くたばれ
2011.09.04 (Sun)
今日も今日とて帰宅してからネットサーフィンしようと思ったら、あちらこちらのゲームブログで『テイルズ オブ エクシリア』のネタバレが拡散しているらしい。

【続きを読む?】

記事編集19:58 |  Game(ゲーム雑記) |  トラックバック:0 |  コメント:1 |  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。