2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:-- |  スポンサー広告 | 
【アニメ感想】『機動戦士ガンダムAGE』の3話が1~2話より飛躍的にマシになったと思ったら、脚本が日野氏じゃなくて笑ったw
2011.10.23 (Sun)
日野さんのビッグマウスぶりが話題のアニメ、『機動戦士ガンダムAGE』の第3話をさっき観ました。
(何だかんだ言って、昨日感想を挙げたアニメはほとんど録画を残しています。)

で、俺個人の率直な感想としては、

・泣かせに来るだろうという概ね予想通りの展開だったが、まぁ酷く叩く程でもない。
・「物語の動く3話」って事前の触れ込みだったけど、何でそこを自分で担当しないんだよ日野さんw
・しかし、1~2話の脚本が稚拙すぎて、相対的に3話の脚本が良く感じたのかもしれない。
・あと、さっさとヒロインをユリンに絞って、エミリーは無かったことにした方が良い。既に空気だけど。


ざっくりだけど、こんな感じです。
ネット上の反応を見ると、3話もガンダムファンのお気には召さなかったようですが、俺は「え、そんなに罵詈雑言を浴びせるほど?」という気持ちです。
まぁ、日野さんは「口は災いの元」を地で行っているような方なので、擁護する気もありませんが。

ちなみに、3話の脚本を担当されたのは兵頭一歩さんという方で、近年では『WORKING!!』1期の脚本(一部)なども担当されていたようです。
今後もきちんとした脚本家の人に担当してもらえば悪くない作品にはなると思うので、エンディングの「脚本」に日野さんが出てこないことを祈りつつ、今後も視聴を続けたいと思います。
記事編集19:36 |  Anime(アニメ雑記) |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。