2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:-- |  スポンサー広告 | 
三国志大戦とは。
2007.07.08 (Sun)
三国志大戦の記事を書くことが多くなってきてるので、知らない人も楽しめるよう三国志大戦とは何ぞやって記事です。

※記事内の画像は©SEGAの著作物ですので、転載などは不可でお願いします。

【More・・・】





三国志大戦とは簡単に言えば、好きな武将を操りながら相手の城の落城を目指すゲームです。
自分が落城すれば負けになり、カード捌きが直に反映される「アーケードカードゲーム」というジャンルのゲームですね。
カードゲーム世代はハマっちまうわ~。

興味を持たれた方は『三国志大戦2DVD大将星 特別対決ムービー』にて公開している動画を参照すると良いです。
実際のゲーム画面同様の視点と、動画によっては手元操作画面もついてるので分かりやすいです。

ぶっちゃけ説明が('A`)メンドクセなわけd(ry



実を言うと、俺は歴史とか地理とか社会系の科目が至極苦手です。
まぁ大戦を始めてからも三国志自体に興味が湧いてきたってことはないんですが(ォイ)、歴史に興味を向けるにはよいキッカケだなぁと思うことも。
大学入試の時にこんなゲーム感覚で勉強ができたなら、もっと良い大学に入れたろうとかどうでもいいことを考えてみる。

さて、三国志大戦の魅力の一つとして、色々な絵師さんがイラストを描かれているという点が挙げられます。
っていうか、今日の主題ですね。

俺でも知ってるような武将を中心にざっと紹介します。


○趙雲(対古河仕様)
趙雲

同じ武将でも何枚か種類があったりします。
ちなみにレアリティは上から順に、金色に光ってるのがSR(スーパーレア)、次に銀色に光っているのがR(レア)、その他の光っていないカードがUC(アンコモン)やC(コモン)になります。
趙雲の場合、SRが1種、Rが3種ってことになりますね。一番左のカードが少し仕様が違うのに気づかれた方もいるかもしれませんが、それは大戦1の時のカードで現在は排出停止のカードです。(現可動Verは2.11)

ゲームに使用するカードは何をどう使っても良いかというとそうではなくて、コスト8までのデッキにしなければなりません。コストとはカード左上の黄色い印で、1コスト~3コストまであります。
だから、例えばデッキの組み合わせとしては2.5+2+1.5+1+1の5枚デッキなどにする必要があり、上の趙雲4枚を入れて趙雲萌えデッキとかは作ることは出来ませんw

○曹操
曹操

三国志の主人公の1人。
数少ない3コスト武将の1枚が左のSR曹操ですが、現在弱体化修正を受けて隠居状態です。
カードに書いてある数字は左が武力、右が知力を表しています。
武力はもちろん戦闘力を左右し、知力が大きければ計略(カード下に表記のある各武将の必殺技)の効果時間が長かったり相手からのマイナス効果のある計略の影響を軽減できたりします。

○劉備
劉備

いやに桃園劉備だけ美形ですが、蜀側の主人公。
武力や知力のスペック(性能)はコストに比べて低く感じますが、その分計略や特技(武力の左横に書いてある戦闘を補助する能力)などが高く、総合力ではひけをとりません。

○関羽
関羽

勢力によりけり、魏であれば鬼神様、蜀であれば武神様になっておられるお方。
このゲームにおいては魏・蜀・呉・涼・袁・他勢の6勢力があり、コスト内であればどんな組み合わせも可能なので、勢力を越えたドリームチームが作れたりします。敵と味方を一つのデッキにとか。

○諸葛亮
諸葛亮

さすがに俺も名前をよく知っている有名人。
レアリティLE(SRより下、Rより上ぐらい)というカードがあるのですが、それは漫画版三国志で著名な横山氏などをゲストに迎えたカードになっています。セリフなども再現されているので、そこから興味を持ってやり始めた人もいるんじゃないでしょうか。

○女性武将
女性武将

カードの華、大戦の疲れを癒す存在。
というだけではなく、男性武将にも勝るとも劣らない武将も数多く。
関羽に娘がいたのかぁ、とかそんなことを大戦で知りました。
カード左下にあるマークは、騎兵・槍兵・弓兵・攻城兵・歩兵・象兵という武将の性質を表したものです。
騎兵は弓兵に強く、弓兵は槍兵に強く、槍兵は馬兵に強いという3すくみの関係にあり、他の3兵種は特殊な位置づけにあります。
余談ですが、「色々な絵師さん」という枠組みには漫画家の先生も数多く参戦しています。
上の女性武将の中でも、漫画で有名な先生が3人います。
さて誰でしょう?
まぁ左下はどう見ても八雲(ry



まぁグダグダと書いてきましたが、こんな感じのゲームです。
プレイ料金は1ゲーム300円で、3連勝までボーナスがつき200円、100円と負担が減っていきます(全国対人戦の場合)。
1ゲームにつきカードが1枚排出される仕様です。
3連勝すれば600円で済みますが、3連敗すると900円になるので、同じ3枚のカードをゲットでも重みが違います。

どっちにしても高いので何とかして下さい>S○GA

ただゲームとしての完成度は高いんだよね。
そうじゃなきゃワザワザこんな記事は書かないわけでw

と、美形のカード紹介だけで済ませるつもりだったのに長々と書いてしまったわい。
これで知らない人も少しは大戦関係の記事も楽しんでもらえれば幸いです。
了。
記事編集23:59 |  Game(ゲーム雑記) |  トラックバック:0 |  コメント:3 |  Top↑
コメント
ほほう。
このようなゲームなのか。
アーケード系には触れたことがない桂木もなんとなく解ったぞ。
しかし、携帯から見てるせいで画像が小さい!
後でパソコンから出直すよ…美形が見えないよ…。
桂木 |  2007.07.09(月) 01:27 |  URL【コメント編集
>趙雲萌えデッキ

作りてぇぇぇええええええ!!!
個人的には赤毛の趙雲が新鮮で萌え祭りです。
そして一番左の趙雲は無双デザインと似てますね。
ありがとうGJ時雨さん!!
古河 |  2007.07.09(月) 22:48 |  URL【コメント編集
カード系はお金がね…

箱●のアイマスがダウンロード好調なのは
あ?金ならあるぞ?
スク水買ったれ!!
とかそんな感じなんでしょうなぁ…
MEL |  2007.07.10(火) 00:07 |  URLコメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。